Gunosy Tech Blog

Gunosy Tech Blogは株式会社Gunosyのエンジニアが知見を共有する技術ブログです。

Google I/O 2018に参加してきました

はじめまして。グノシー開発部のサーバーサイドを主に担当している吉澤です。 この度ずっと行ってみたいと思っていたGoogle I/Oに参加することができたのでレポートを書いていこうと思います。

f:id:azihsoyn:20180516160844g:plain

Keynote, Developer Keynote

昨年のGoogle I/OでAI Firstを謳っていただけあって、全てのセッションでAIによる改善や進化をアピールしていました。 特にGoogle Assitant周りのアップデートに力を入れているようにも見え、スマートスピーカーなどがより普及するのではないかと思わされました。

アシスタントと対話式でやり取りできるようになるだけでなく、電話で予約するデモまで見せられて来年にはどうなってしまうんだろうと恐ろしくもありました。

また、Android, Web, Assistant間をつなぐ機能のリリースが多く、将来的にはアプリという形がなくなっていくのではという妄想をしたりもしました。

youtu.be

youtu.be

Android

AI FirstになったからといってAndroidのアップデートが少なくなったかというとそうではなく、むしろAIによって更にできることが増えた気がします。Android開発担当ではない自分には追いきれていませんが、

  • App Bundle
  • Jetpack
  • Slice
  • Dynamic Feature
  • ML Kit
  • ARCore
  • AndroidStudioのChrome OS対応

など多数のアップデートがありました。大きな機能追加というよりは現状の課題を着実に解決するようなアップデートが多かった気がします。

こちらのセッションはスライドの進め方も面白く、これからどうAndroidを開発していけばいいのかが簡単にまとまっていました。

youtu.be

自分は参加していないのですが、ものすごい大人気だったJake氏のセッションも必聴かもしれません。

speakerdeck.com

デザイン

意外だったのが、デザイン関係のセッションが多かった気がしました。 昨年まではあまり興味がなかったから気に留めていなかっただけかもしれませんが、Material Themingに始まり、Android Studioでアニメーションの作成ができるようになったり、スマートディスプレイでのActionのデザインカスタマイズをサポートしたりと、デザインに注力しているように見えました。

Material Themingはマテリアルデザインの課題であった似たり寄ったり感をなくすためのカスタマイズ性を高めるためのもので、webではフレームワークがありましたがアプリでも導入しやすくなるみたいです。

デモアプリのShrineを見るとMaterial Themingがどれだけ強力かが分かると思います

material.io

また、テーマのカスタマイズも含めてマテリアルデザインを作りやすくするpluginや、デザインの共有やレビューなどを助けるサービスのリリースなどもあり、今後はよりデザインの優れたアプリが増えそうです。

material.io

Gallery

Web

セッションはあまり聴いていませんが、#io18jp タグなどでWeb周りも盛り上がっていたように思えました。 PWA/AMPとその開発をサポートするツールやWebXR、認証や決済など多くの発表があったみたいです。 アプリを提供しているサービスでもWebサービスも頑張らないといけないんだぞと言われているような気がして耳が痛かったです。 Action LinkなどはWebとアプリの境界をなくすような機能に感じられました。

その他

他にもIoT, Firebase, TensorFlow, Chrome OS ...etcと上げればきりがありませんが、全てのセッションを見ているわけではないのでこのあたりにしておきたいと思います。 恐らく全てのセッションがYouTubeで公開されているので、スケジュールの関係で見れなかったやつは別途見たいと思います。

まとめ

最新の動向に触れて色々なことをインプットできただけでなく、日本からの他の参加者の方達と知り合うこともでき、深夜に家でリアルタイムのセッションを聞くだけでは得られない最高の経験ができました。

個人的なトラブルに見舞われたりもしましたが、来年も絶対参加したいという思いが強くなりました。今年はGoogle I/Oに当選したので遠慮してしまったWWDCも来年は遠慮なく申し込もうと思います。

最後に、GunosyではAndroidエンジニアだけでなくiOSエンジニアやサーバーサイドエンジニアも募集中です! 皆様のエントリーをお待ちしております!

hrmos.co

hrmos.co

hrmos.co