Gunosy Tech Blog

Gunosyの開発メンバーが知見を共有するブログです。

builderscon tokyo 2017で、弊社の新規事業チームの高速な開発体制・分析基盤について発表して来ました #builderscon

こんにちは、新規事業開発室のエンジニアのちまきん(@__timakin__)こと高橋です。

f:id:u_tis:20170804132116j:plain

先日開催された、builderscon tokyo 2017の方で、スピーカーとして登壇させていただきました。(上記写真の撮影はbuilderscon運営の方にやっていただきました!ありがとうございました!*1

スライドはこちら

speakerdeck.com

発表内容について

概要

こちらの発表内容は、実際に弊社の新規事業開発室で開発したプロダクトの開発工程について話しています。

弊社は分析基盤チームやインフラチームの取り組みに関して、度々発表することはありますが、

実際の開発風景や温度感についてはそこまで見える機会がなかったので、今回こうして発表できたことを嬉しく思います。

少しでも閲覧者の方にGunosyのスムーズな開発体制が伝わればと思います。

当日の様子

当日は聞きに来てくださった方の中から、分析体制についての質問が多く寄せられました。

僕自身としても、初期リリースの段階からここまでちゃんとKPIを可視化して施策の方向性を決めていたり、アプリの仕様策定に生かすというのは、この開発まで未経験でしたので、当事者としても新鮮でした。

なので、外部の方から見ればなお一層そこが際立ち、皆様のアプリ開発に活かしてみたいというモチベーションを提供できたのではないかと感じます。

またGoのAPIを開発する上で、いずれのpackageを使っているとか、そういった現場ベースの情報はまだ少ないので、そこも関心を寄せてくださる方がいらっしゃいました。

個人的な感想

個人的には、「数字は神よりも正しい」というGunosyの理念であったり、「データで確信が持てない施策は極力許さない」といったメッセージが、ポジティブに受け入れられていたことが嬉しかったです。

そもそも仕事は各人の時間を切り盛りして行うもので、何か機能を追加したりPDCAの過程を磨かないことは、各人の時間、ひいては生活をいたずらに侵食する行為です。

そういう観点からも、やはりふわっとした仮説をベースに無駄な機能は作ることは極力ないほうが良くて、弊社のチームはそのような無駄が極端に少なく、健全な開発ができているかなと思います。

もちろん既存のプロジェクトで蓄積されたノウハウをベースにしているので、他の企業様やチームの方から見て、少し特殊かもしれませんが、根本の理念のところは変わらないので、初期段階から分析、ロギングの体制を築いたり、仕様策定でダイエットを図るのはあって然るべきだと思います。

buildersconについて

最後にbuildersconについてですが、何より感動したのが、配布された参加者のアイコンとIDつきの名札でした。

f:id:u_tis:20170809120236j:plain

これはかなりイノベーティブで、折り曲げて表裏に同じ内容が写るようになってますが、懇親会でスムーズに自己紹介することができました。

当日までスピーカーに対して注意事項等のアナウンスもありましたが、どれも丁寧で、カンファレンスのクオリティ担保のためにここまでやるかという位の取り組みをなされていました。

参加する身としてすごく安心感のあるカンファレンスでしたので、是非次回も参加させていただきたいと思います。

終わりに

以上、buildersconに参加したご報告でした。

本当に健全で学びのある開発をできていると思うので、是非皆様弊社に一度お越しいただくなり、ご応募いただければ幸いです。

僕のいる新規事業開発室も絶賛募集中ですので、是非是非ご応募ください。

hrmos.co

*1:Licenced with CC-BY-NC 4.0, Attribution: builderscon

CTOと語るライフハック gunosy.fm #5

またまたかとうです。よろしくお願いします。

gunosy.fm第5回目はCTOのy_matsuwitterさんと食事、運動、睡眠、MR(Mixed Reality)、業務効率化、アドテクなどについて話を聞きました。

前半はライフハック全般、後半はGunosyの収益源である広告について、現在どういった取り組みをしているかについて話をしています。

トーク中に話題になったリンクはこちらです。

ここで一つお知らせです。

gunosy.fmのシールがついにできました!今後勉強会などのイベントで配布等ありますのでご期待ください。

ちなみに先日開催されたbuilderscon tokyo 2017で配布されました! ぜひPCなどに貼ってくださいね。

f:id:s-wool:20170807141047j:plain:w300

Podcastの購読はこちらからお願いします。 また、感想や話題にしてほしいことなどはTwitterなどで #gunosyfm のハッシュタグでご意見お寄せください。 次回の更新もお楽しみに!

データ分析で可視化を行う際の注意点、AWS Dev Day、人工知能学会、データ分析とラジオ音質など gunosy.fm #4

こちらでははじめまして、かとうです。

これまで第4回までやってきたGunosyのポッドキャストですが、今回からこちらのテックブログに更新情報を載せることにしました。 なお過去3回分についてはこちらです。

今回はGunosyデータ分析部のおおそねさんにAWS Dev Day Tokyo 2017で発表して来た話、スポンサー出展したJSAI 2017、社内の〇〇警察、録音環境について話を聞きました。

ゲストのおおそねさんは過去の回でも録音環境の構築と収録を担当しております。このポッドキャストは「音質がいい」という感想をよくいただくのですが、その環境の話やこだわりについてもふれております。ぜひ楽しみに聴いてください!

トーク中に話題となったリンクは下記にまとめました。

Podcastの購読はこちらからお願いします。
また、感想や話題にしてほしいことなどはTwitterなどで #gunosyfm のハッシュタグでご意見お寄せください。
次回の更新もお楽しみに!

Go Conference 2017 Springにスピーカーとして参加しました。

こんにちは、新規事業開発室のエンジニアの高橋(id: @timakin)です。

先日開催されたGo Conference 2017 Springに参加しました。昨年度も個人的に参加したのですが、LT枠での参加でした。今回は通常トークの枠をいただけたので、もう少し長い時間発表者側として参加することができました。

発表内容

自分が発表した内容は以下のスライドです。プライベートでAPIを叩いたりウェブページをクロールしてくるサーバーを作っていて、途中経過ではあるのですが、その設計について話しました。

また、前回のGo ConferenceではGoogle App Engineの実用に関してのセッションが、大部分を占めていたのですが、自分は今回それを個人規模で使ってみたときの所感について話しました。

speakerdeck.com

他の方のスライドまとめをしようと思いましたが、すでにまとめをされている方のブログ記事がありましたので、こちらの記事をご参照ください。

通常トークとLTの内容で関連する部分も見られますが、どの内容も濃く、最新状況を追ったり、大規模な開発でGoを使う際のソースコード付きの資料が続々と出てきてまして、レアなので時間があるときにでも全体的に目を通したいものばかりです。

感想と今後の方針

他の方の発表内容では、今年はGoの標準パッケージとして採用されたContextの概説や、depによる依存解決、また個別にユニークなテーマでミドルウェアや言語処理系の成果物を持ち合って発表している方が多かったです。

そのため、今まで勉強会で見られた「現場で採用した結果こうなりました」「Goに入門しました」という内容から徐々に脱却し、Goの仕様へのキャッチアップや独自性の見られる発表の流行が感じられました。

個人的には業務でがっつりGoを書き始めたわけではないので、Contextの扱いもまだ不慣れですので、コードが拙い部分もあったのは反省だなと思います。

今後は社内のリポジトリ含めて、メジャーな企業のOSSで、大規模なAPIの元になっているリポジトリを参考に、プロダクションノウハウをどんどん吸収していこう、という刺激を得ることができました。

また、発表明けに出社した際には、弊社Gunosyの社内からも「Contextはこういう使い方にとどめておいたほうがいい」というような、インプットをすぐ受けることができて、Goのノウハウが潤沢に溜まった会社ならではのフィードバックが得られることを感じています。

現在Gunosyでは、Go/Pythonエンジニアの方始め、多方面で積極採用中です。Goのカンファレンスや勉強会での発表等も当然奨励されていますが、単純に使っているだけでなく、現場ノウハウがプールされているか、視点も含めて会社を選ぶとき、弊社をぜひご検討ください。

hrmos.co

広告技術部開発合宿に行ってきました

広告技術部で開発合宿しました

こんにちは、広告技術部のサンドバーグと星です。広告技術部では、入稿から配信まで一通り担当をしています。先日、いつも働いているオフィスを離れて伊豆半島・伊東で広告技術部の開発合宿をおこないました!

今回の開発テーマは、普段は忙しくて手を付けられていなかったタスクや、新規のプロダクト開発をすることでした。

進行中の作業を中断してまで、別のタスクに取り掛からなければいけない事態が起きるのは、技術者なら誰しもが経験したことがあると思います。 いつもの環境から物理的に離れることで、開発しそこねたタスクに集中できるのは、開発合宿の最大のメリットですね。

どこへ行った

伊東までは、東京から電車で1時間30分くらいの距離。宿泊先は、ホテル伊東ハーベストでした。IT健保を使えば安く泊まれてお得ですね。

この季節はまだ若干寒いですが、美味しい魚介料理と温泉などがじっくり楽しめる場所です。

f:id:cou_z:20170617173555p:plain

道中はチーム内で流行っているゲーム「Crash Royale」の対戦に夢中でした。マネージャーの淵脇さんがとくに手強いです。

f:id:cou_z:20170617173605p:plain

駅から15分くらい歩いて宿に到着!駅から宿までの川沿いの道は、春になると桜が綺麗に咲くそうです。

開発風景

到着してからは、ホテルの会議室を貸りてモクモクと開発!オフィスのデスクと違って、一人ひとり好きなスタイルで開発します。個性がにじみ出る開発風景ですね。

f:id:cou_z:20170617173614p:plain

合宿でのエンタメ

開発合宿は決して旅行ではありませんが、せっかく東京を離れてチームで過ごす機会を与えられたので楽しむのは当然。

開発の合間の楽しみといえば……やっぱりご当地グルメ!

f:id:cou_z:20170617173619p:plain

伊東の魅力は、美しい海と川。水産物のグルメスポットが豊富です!東京では食べられないような新鮮なうなぎが最高でした。伊東に行ったら、うなぎはMUSTハブアイテムですね。

f:id:cou_z:20170617173624p:plain

そして、一日中作業した疲れを癒やしてくれるのはやっぱり温泉。伊東も熱海に近いだけあった、温泉は当然最高です!

夜はゆっくり湯に浸かってチームメンバーと歓談して、部屋に戻って寝る。次の朝は、起きて徒歩一分のところが作業場。まさに夢の開発環境でした!

まとめ

f:id:cou_z:20170617173630p:plain

オフィスはオフィスでキリッとした環境で、集中して作業できますが、人に囲まれている分、いつ・どこからタスクが降ってくるかは想像ができません。 だからといって、完全に孤立した環境では、コミュニーケーションの量が減って、チームワークがなくなってしまう。

開発合宿は、集中とコミュニケーションのバランスをうまく取りながら、作業できる環境づくりに最適だと思いました。