Gunosy Tech Blog

Gunosy Tech Blogは株式会社Gunosyのエンジニアが知見を共有する技術ブログです。

グノシースポーツ (グノスポ) とは? 【グノスポ連載第一回】

はじめに

グノシー事業部の大曽根です。好きなチームは鹿島アントラーズです。

本日プレスリリースがありました、グノシースポーツで使われている技術に関して 本テックブログでは何回かに分けてお伝えします。 今回はアプリの概要と初期の開発の進め方についてお話しします。

アプリ概要

まず、グノシースポーツはプレスリリースにある通り、 ニュースアプリの「グノシー」から生まれたスポーツ専門のアプリです。

gunosy-sports.com

アプリでできることとしては、

【グノシースポーツ(グノスポ)でできること】

  • お気に入りのチームをマイチームに登録することで、マイチームのニュースを受け取ることができます。
  • 試合結果や経過の通知を受け取ることもできます。
  • オールジャンルのスポーツニュースを毎日読むことができます。

があります。 UIは、できるだけスムーズにお気に入りのチームの情報を見れることに注力をしています。

今後は、野球サッカー以外のお気に入りのチームを増やす、さらにはチームだけでなく選手をフォローできるなどの機能を強化していこうと考えています。

開発合宿

グノシースポーツ (以下グノスポ) *1 は6月にアイデアが出て開発を開始した後、 メインの開発メンバーで合宿を行いました。

まずは、朝8時くらいから全員で集まり、アプリのアウトラインを決めます。

f:id:dr_paradi:20180714083030j:plain

ユーザに必要な要素の並び方を相談しつつ、描いていきます。 (必要な機能に関しては事前にリーンキャンバスを作成しています。) ある程度、最小の機能については事前の打ち合わせで決めており、意見を交わしていきます。

f:id:dr_paradi:20180714095631j:plain f:id:dr_paradi:20181115165455j:plain

UIの参考にするために海外のスポーツアプリなども調査します。 また、UIや機能からプッシュ通知や試合スタッツ、順位などをどのようなデータで保持するかも考えます。

f:id:dr_paradi:20181115014821j:plain

技術について

また、グノシースポーツでは主にAWSのマネージドサービスを使った新たな仕組みにチャレンジしています。

f:id:dr_paradi:20180619111925j:plain

次回以降、各要素について連載でお話ししていきますのでお楽しみに!

  • グノシースポーツのデザインとプロトタイピング
  • クライアントの実装とアーキテクチャ (Android、iOS)
  • GraphQLとモバイルアプリ(AWS AppSync)
  • サーバーレスアーキテクチャ (AWS Lambda、AWS Step Functions)
  • グノシースポーツを支える AWS CloudFormation 活用事例

f:id:dr_paradi:20181115014758p:plain

それでは、今後ともグノスポをよろしくお願いします。

f:id:dr_paradi:20181115211810j:plain

公式サイト:https://gunosy-sports.com/

*1:プロジェクト名は muscle という名前がつけられています。